東京大神宮京大神宮は、縁結びの神様として有名なパワースポットです。

江戸時代、今の東京から三重県にある伊勢神宮に
参拝したいという庶民が多かったのですが
当時の交通機関ではそれはあまりにも遠かったため
代わりに参拝できるようにと江戸に造られたのが、
この「東京大神宮」で
そのパワーは伊勢神宮と同等ともいわれています。

結びの神様

東京大神宮に祀られているのは、天照皇大神と
造化の三神と呼ばれる
天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
高御産巣日神(たかみむすびのかみ)
神産巣日神 (かみむすびのかみ)で
それぞれ結びの神様であることから
縁結びのご利益がある神宮として、多くの参拝者が
訪れます。

特に若い女性からの人気が非常に高く
「彼氏がほしい」「結婚がしたい」と
毎年多くの参拝者が集まるようですよ^^

実際に、そのご利益で
「何十年も独身でいたけれど、ダメもとで神頼みしたら
素敵な人とめぐり合って結婚できました。」とか
「運命的な出会いがありました。」など
続々と体験談が寄せられているそうです。

縁結び[鈴蘭守り]

東京大神宮に訪れた人のほとんどが
購入している「縁結び鈴蘭守り」は
すずらんの花を模ったものの中に小さな鈴が入っていて
ちりんちりんと可愛い音を鳴らします。

すずらんは、結婚式でもよく使われるように
幸せを呼ぶ花として高い人気があるんですよ。

東京大神宮に参拝しに行ったときにはぜひ、購入して
普段使っているカバンや財布につけて持ち歩いて
幸せを呼びましょう!!

日本じゃないみたい!独特の雰囲気が漂う沖縄のパワースポット

その他の役に立つ雑学はこちら!