天ぷらの日,7月23日7月23日は『天ぷらの日』です。

梅雨があけ、気温が上がり
暑さが最も暑くなる「大暑(たいしょ)」に
夏バテ防止のために天ぷらを食べよう!と言うのが
始まりのようです。

天ぷらは、ウナギ、焼肉とともに
「夏バテ防止の三大食べ物」なっているらしいですよ。

江戸前天ぷら

天ぷらは江戸三昧として庶民に愛されてきた食べ物です。
江戸前天ぷらでは、穴子、車えび、はぜ、きすなどを
ごま油で揚げるのが特徴です。

変り種天ぷら

天ぷらにされる食材は、レンコンやナス、イカ、えびなどが
一般的ですが
珍しい天ぷらもたくさんあるんですよ。

たとえば「アイスクリームの天ぷら」は
冷たいアイスクリームがアツアツの天ぷらになっている
不思議な食べ物です。

ほかにも、地方によって
「モズクの天ぷら」や、「紅しょうがの天ぷら」、
ビスケットを天ぷらにしている地域などもあります。

季節限定の「紅葉のてんぷら」など
びっくりする食材が使われているものもあります。

7月23日は「天ぷらの日」。
今日は天ぷらを食べて、夏の暑さを吹き飛ばしましょう!

今日のランチは何にしよう♪ 7月20日は、『ハンバーガーの日』です。

その他の役に立つ雑学はこちら!