男子フィギュア,小塚崇彦,現役引退祖父と父親がフィギュアスケート選手で、“男子フィギュア界のサラブレッド”といわれている小塚崇彦が、現役の引退をすると、15日に日本スケート連盟は発表しました。
引退については公式ブログでも、小塚崇彦自身が今シーズンをもって現役の引退をすることを発表しています。

現役の引退後は社業に専念

全日本選手権での優勝、10年バンクーバー五輪代表、11年世界選手権の銀メダリストでもあった小塚崇彦(27歳)ですが、現役を引退することを発表しました。
私生活の方では、かねてから交際していたフジテレビのアナウンサー大島由香里(32)と15年7月に婚約を発表し、2月に結婚しています。
現役の引退後はトヨタの社員で、社業に専念するようです。

シャラポワが記者会見!全豪オープンテニスでドーピング検査で陽性

小塚崇彦のプロフィール

名前
小塚 崇彦 27歳
(こづか たかひこ)

生年月日
1989年2月27日

身長
170cm

出身
愛知県名古屋市生まれ

所属
トヨタ自動車

祖父と父親がフィギュアスケート選手だった影響で、5歳からフィギュアスケートを始める。
10年全日本選手権で男子初の父子Vを達成している。
世界ランキング9位(2011年2月21現在)

小塚崇彦公式サイト

その他の役に立つ雑学はこちら!