夏バテ防止食べ物で、まず思い浮かぶのは 「うなぎ」ですよね。

土用の丑の日にうなぎを食べるのは有名です。 うなぎには「たんぱく質」「カルシウム」「ビタミンA」 「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンD」 「ビタミンE」「鉄分」などが豊富に詰まっています。

夏にはビタミンなどがどうしても不足してしまうので うなぎはまさに夏バテ防止の食べ物といえます。

また、トマト、きゅうり、スイカなどの夏野菜は 体にこもった熱を奪ってくれるので 積極的に食べたほうがいいですよ。 それ以外にも夏野菜はピーマン、とうもろこし なすびなどがあります。 旬の野菜を摂るようにしましょう。

カリウムは、体の余分な水分や塩分を排出してくれる効果があるので 夏に多い水太りなどにも効きます。

他にも疲労回復には豚肉がおススメです。 豚肉は必須アミノ酸がバランスよく含まれている 良質なたんぱく質源です。 吸収率もよく、加熱しても壊れにくいビタミンB1がたっぷりで 体の疲れを効率よく回復してくれます。

暑いからといって、冷たいものばかり飲んでいると 体力も落ちて体調を崩してしまうので 量は少なくても、バランスよくしっかりご飯は食べましょう。

野菜だけ、豚肉だけ、と食べるよりは あわせて摂取したほうが栄養の吸収率もあがります。 野菜炒め→肉野菜炒め おひたし→卵とじ  のように ちょっとメニューを工夫して夏バテを乗り切りましょう!!

その他の役に立つ雑学はこちら!