柔軟剤柔軟剤、どんな香りを使っていますか?

数年前から「香り」のブームで
何百種類という香りの商品が出回っていますよね。

洗剤と柔軟剤の組み合わせによって
香りが変わるものから、
香りをつけるためだけの商品もあります。

柔軟剤や芳香剤からも

化学物質過敏症は今まで、新築の家やリフォームした建物の
壁材や接着剤で起きていましたが
(シックハウス症候群)
最近では強すぎる柔軟剤や芳香剤で体調を崩す人がいるそうです。

化学物質過敏症は、一度発症してしまうと
少しの化学物質に反応して喘息の発作や頭痛を起こしてしまうことがあるので
注意しなくてはいけません。

香りよりも体が大事

化学物質過敏症の人にとっては
近所の家から流れてくる、干した洗濯物の柔軟剤の香りや
家庭用品の中でもシャンプーや食器洗剤などが
ツライと言う人もいますし、感受性には個人差があるので
体に合わない強烈な香りもあると思います。

化学物質対して、アレルギーに似た反応を起こす人もいれば
目や鼻がかゆくなる人、下痢や吐き気などをもよおす人
頭痛などが起きる人様々ですが
具合が悪くなるという報告が増えていることから
問題視されはじめているようですね。

もし家の中で柔軟剤や洗剤が不快な香りだと感じた場合は
すぐに換気を行うようにして
同じものを使うのはやめておきましょう。

化学物質過敏症は、発症してしまうと
もとの体質にはなかなか戻ることができないからです。

また、電車や狭い空間で症状が出ることもあるので
過敏な人は気をつけなくてはいけませんね。

化学物質過敏症対策には、まず換気から始めましょう!

 

その他の役に立つ雑学はこちら!