かき氷7月25日は、夏の風物詩『かき氷の日』です。
「日本かき氷協会」が制定しました。
  
夏氷=「7(な)2(つ)5(ごおり)」という語呂合わせと、
40.8度という、日本で最高気温をだしたこの日にちなんで
つけられたようです。

ちなみに、この最高気温をだしたのは山形県の山形市です。

カラフルなかき氷

かき氷は、削った氷の上にシロップをかけて食べる
いわば夏のデザートです。

以前は赤(いちご)、青(ブルーハワイ)、緑(メロン)の
シロップが一般的でしたが
今では色々なフレーバーが発売されています。

マンゴー、レモン、オレンジ、コーラなど
お祭りなどで見かけてもとてもカラフルですよね。

また大人向けのフレーバー
コーヒーや梅酒、黒蜜なども人気です。

でも、なんといっても有名なかき氷といえば
「しろくま」ではないでしょうか。
「しろくま」は、九州地方で発売されていた名物のかき氷で
今では全国で発売されているので
食べたことがある人も多いのではないでしょうか。
「しろくま」は、缶詰の果物や練乳が入っているのが特徴です。

また、フィリピンにも「ハロハロ」という
似たような氷菓子があります。

暑い時期にはどうしても、冷たいものが
食べたくなってしまいますもんね。

今日は「かき氷の日」。何味をたべようかな~♪

夏本番!暑さに負けないように食べよう!7月23日は『天ぷらの日』です!

その他の役に立つ雑学はこちら!