セルフビルド,住宅 セルフビルドで、住宅を自分で建てるという選択があります。
セルフビルドの利点は、住宅がとにかく安く建てれるというところです。
ハウスメーカーさんに家を建ててもらうと、設計、施工、材料費など費用がかさんでしまいます。
もしそれらを自分で出来るとしたら!?

 

住宅を自分で建てると経費節減

おおまかですが、半分くらいの費用で家を建てることが可能なんです!!
忙しくて時間があまり取れない人、ちょっと不安な人には、ハーフビルトもおすすめです。
ハーフということで、作業の半分を自分でやって、他は建築屋さんに頼むことも可能ですよ。
けど…素人でも大丈夫かなぁ…と不安にはなってしまいますよね。
自分で建てるなんて、ムリムリムリムリムリ!!!
と思うのが一般的な意見。
でも大丈夫なんですよ。

セルフビルドの家は耐震性と機密性はきちんと確保

セルフビルドの家は、“2×4工法”や“パネル工法”です。
2×4工法は、北米が発祥の工法なんですが、2×4材に合板を釘で打っていき、面を組み立てていくシステムです。
パネル工法は、2×4工法が基礎にあり、工場で壁や床の構造体をパネルにたものを組み立てるシステムです。
大げさに言えば、釘がきちんと打てればOKなのです。
マニュアルは細かく書かれているので、それを見て、その通りに釘を打って組み立てていけばいいのです。
もちろん耐震性と機密性はきちんと確保できるので、安心ですよ。
ただ、時間はやっぱりかかってしまうのは、いたしかたないこと。
でも費用はだいぶ抑えられますからね!!
時間はかかっても、自分で家を建てたい!!
という夢を可能にしてくれるのが、セルフビルドの良さであります♪

 

ログハウスのセルフビルドとは、ログハウスを自分で建てること!

 

その他の役に立つ雑学はこちら!