皆さんは、塩素と聞いてまず何を連想しますか? ほとんどの人のイメージがプールや水道水に 利用されていると答えるのではないでしょうか。 ではなぜ、塩素を入れているのか知っていますか?

水道水やプールは、細菌やウイルスなどが 心配されます。 塩素は、この細菌やウイルスなどを死滅させて 体を守ってくれる大切な役割があるのです。

塩素は少しつんとした臭いがするので 嫌がられることも多いですが、とても重要なものなのです。

今では水道水の塩素(カルキ)を抜くための機能が ポットなどについているので、温かいものを飲むときに 塩素の臭いで飲みにくいということも減りましたが 体のために、お水を買う人が増えているようです。 今はウォーターサーバーを自宅においている人も 多いですよね。 冷たい水と熱いお湯が使いたいときに すぐにでるので便利です。

また、ペットボトルの天然水(ミネラルウォーター)を 買う人も多いですよね。 でも、水道水をコップに入れてごくごく飲めるのは 日本くらいなんですよ。 塩素の臭いは多少ありますが とても苦労して、飲み水の状態で蛇口まで運んでくれているのです。

喘息や肌荒れ、目の充血、アレルギーなど 塩素による害は色々報告されているようですが 水道水やプールにいれる塩素の量は きちんと安全な量を計算していれているので そんなに気にしすぎる心配はないと思います。

それでも気になる人は、しばらく水を沸騰させてから 使ったり浄水器を使用したりしましょう。

その他の役に立つ雑学はこちら!