リオデジャネイロオリンピック,準備リオデジャネイロオリンピックの開催まで1年をきりましたが、気になるのは準備状況など。
リオデジャネイロオリンピック準備状況
リオデジャネイロオリンピック組織委員会の広報責任者を務めるマリオ・アンドラーダ氏は、完成までの予算も確保し、工事は予定通り進み、建設が遅れている会場はありません。とのコメントをしています。

気になるのは市民の声

間に合わないのでは…という不安な声がちらほらとでてきているようで…。
特に、競技施設の建設工事に遅れがあるようです。
大事なところの、交通面(高速道路、鉄道)などのインフラ工事も遅れが出ているようで…。
今回のオリンピックで復活した競技のゴルフでのゴルフ場建設を自然環境保護区決めたことに対して、これに反対する訴訟が起きたり、ヨット競技会場で利用するグアナバラ湾の水質汚染問題などなど。
オリンピックとなれば、国内外からたくさんの人々が集ります。
宿泊場所や、宿泊費の暴騰問題などもクリアしなければいけませんね。

リオデジャネイロオリンピックの気になる経済効果について

リオデジャネイロオリンピックがブラジル経済を左右する

オリンピックというこれだけ大きなイベントをするには、さまざまな問題が生じてきます。
それをすべてクリアしてこそ、各国の代表選手が思いっきり競えるのです。
近年のブラジル経済は冷え込んでいるようなので、今回のリオデジャネイロオリンピックをいかに成功させるかが、ブラジル経済を左右するものになるのではないでしょうか。

その他の役に立つ雑学はこちら!