リオデジャネイロ オリンピック,ハヤブサジャパン,女子リオデジャネイロ オリンピックにバスケット日本代表の“ハヤブサジャパン女子が出場することが決まりましたね!
バスケット日本代表の“ハヤブサジャパン女子は、2015年9月5日(土)に行われた、「第26回FIBA ASIA 女子バスケットボール選手権大会(兼 2016年リオデジャネイロオリンピック アジア地区予選)」で2大会連続アジアチャンピオンとなり、みごと出場権を獲得しました!

2大会連続でアジアチャンピオン“ハヤブサジャパン”女子

2016年の8月に開催されるリオデジャネイロ オリンピックの出場権を獲得した“ハヤブサジャパン”女子。
2大会連続でアジアチャンピオンという快挙も為し遂げました!
祝賀会では選手たちには、50万円の報奨金が送られました。
リオデジャネイロ オリンピックでは、ぜひメダルを獲得してほしいですね!!

リオデジャネイロオリンピック バスケット“ハヤブサジャパン”続

“ハヤブサジャパン”女子・注目選手

最終的に、“ハヤブサジャパン”女子はどのようなメンバーにしぼられるのかが楽しみですね。
ハヤブサジャパンでの注目選手を紹介します。

【女子】

◎町田 瑠唯 (富士通 レッドウェーブ)

札幌山の手高校の3年生の時には主将を務める。
この時、インターハイ、国体、ウィンターカップの三冠を達成。
高校卒業後は富士通に加入。
U-19世界選手権の日本代表にも選ばれる。
ベスト5、アシスト王に選ばれる。
2014年仁皮アジア競技大会では、3位で銅メダルを獲得しています。

◎長岡 萌映子 (富士通 レッドウェーブ)

札幌市立宮の丘中学校3年生のときに、U-15女子トップエンデバーに選ばれる。
札幌山の手高校に進学し、1年生の頃からスタメンで、2年生の時にインターハイ、国体、ウィンターカップの三冠を達成。
この時の主将は、同じチームの町田 瑠唯選手。
3年生で主将になり、ウィンターカップで優勝する。
富士通レッドウェーブに入団し、2013年の全日本総合バスケットボール選手権大会ベスト5、2012~2013年のWリーグ ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得しています。
2011年アジア選手権(大村)で銅メダル獲得。

◎渡嘉敷 来夢 (JX-ENEOSサンフラワーズ)

小学生時代は、陸上をしていて、6年生の時に走り高跳びで全国優勝する。
中学でバスケを始める、高校は名門の桜花学園に進学。
高校在学中に、インターハイ、ウィンターカップの3連覇を達成する。
ウィンターカップで、ベスト5に2年連続選ばれる。
ジャパンエナジーに入団する。(現JX日鉱日石エネルギー)
2015年4月6日、アメリカプロリーグであるWNBAのシアトル・ストームと契約を結ぶ。
2008年U-18アジア選手権(メダン)で金メダル獲得。
2011年アジア選手権(大村)で銅メダル獲得。
2013年アジア選手権(バンコク)で金メダル獲得。

その他の役に立つ雑学はこちら!