リオデジャネイロオリンピック,バスケット,ハヤブサジャパンハヤブサジャパン”男子がリオデジャネイロオリンピックの出場権をつかむには、2016年の7月4日から10日まで解される世界最終予選にかかっています。
ハヤブサジャパン”女子がいち早くリオデジャネイロオリンピックの出場権をつかんでいるので、ぜひ男子にも頑張って出場権をつかみとってほしいですね!

ハヤブサジャパンでの注目選手を紹介します↓↓(続き)

【男子】

◎田臥 勇太 (リンク栃木ブレックス)

名門秋田能代高校時代は、入学後すぐにスタメンになり、3年連続で高校総体、国体、全国高校選抜の3大タイトルを制した。
これは史上初である“9冠”を達成することに。
2004年、フェニックス・サンズと契約し、日本人で初めてNBAプレーヤーとなる。

◎松井啓十郎

トヨタ自動車アルバルク東京に所属。
愛称は「KJ(ケイジェイ」。
NBAを目指すために単身渡米をして、モントローズ・クリスチャン高校に留学をする。
卒業後はコロンビア大学に進学する。
日本人男子としては初のNCAAディビジョン1でのプレーを果たした選手。

◎田中大貴

長崎西高校に進学し、1年生の」時からスターターとして活躍し、全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(ウィンターカップ)に出場する。
卒業後は東海大学に進学。
優秀選手賞を何度も受賞する。
ポジションはシューティングガード。

リオデジャネイロオリンピック バスケット“ハヤブサジャパン”

リオデジャネイロオリンピックの出場権をつかむには

 

世界各地の大陸別選手権で勝ち抜けなかった国は、世界最終予選で最後の切符をとかみとるべく争います。
日本を含む、15カ国+3カ国の計18カ国で争います。
3つのグループにわかれて、それぞれ1位のみがリオデジャネイロオリンピックの出場権をつかみます。

その他の役に立つ雑学はこちら!