リオリオデジャネイロオリンピック,経済効果デジャネイロオリンピックの開催日まで、1年をきりましたが、経済効果も気になるところではありますね。
ブラジルの経済状況は、あまりいいとも言えない状況でしたので、リオデジャネイロオリンピックのもたらす経済効果を期待したいところではあります。

 

最近のオリンピック事情

一般的に最近のオリンピック事情としまして、直接的な経済効果はあまり大きくないようです。
開催にはスタジアムの建設、開催準備に必要となる費用などと、オリンピックで得た収入をみると、赤字傾向のようなんです。
気になるのは、ブラジル国内の中で、貧富の差が更にでてきているということ。
低賃金でありながら、高い税金で物価は高いようです。

リオデジャネイロオリンピックに行こう!スタジアムの案内

リオデジャネイロオリンピックの経済効果は?

では、リオデジャネイロオリンピックの場合はどうでしょうか。
リオデジャネイロがあるブラジルは、2014年にワールドカップが開催されたばかりです。
その2年後に、大きなイベントであるリオデジャネイロオリンピックが開催されるというわけです。
ワールドカップが開催されたこともあり、更に新しいスタジアムの建設はさほど無いようなのがすくいでしょうか。
政治家たちは、経済効果を約束すると言いながら、2014年のブラジルのワールドカップでは、経済効果の面ではあまりよくなかったようですよ。
世界に“リオデジャネイロ”というアピールするのには、いいのかもしれませんけどね。
2020年に開催される、東京オリンピックも資金面など課題は多いようですし、オリンピック自体見直しをしなければいけなくなってきているのかもしれないですね。

その他の役に立つ雑学はこちら!