オリエンタルランドオリエンタルランドグループは、知っていますよね?
みんな大好きな、ディズニーランドやディズニーシーを
運営している会社です。

ディズニーランドなどは、とてもも大きな遊園地なので、
建物や乗り物に化学物質が使われているんじゃないかと
不安になる人もいると思います。

適正な管理と運用

さすがに夢の国!!
「OLCグループ化学物質管理ガイドライン」を制定して
化学物質の適正な管理・運用をきちんと推進しています。

塗料や洗剤など、化学物質を含む資材は
安全データシートに基づき適正に管理しているので
安心です。

少し調べてみると、化学物質以外にも
環境問題にとても真剣に取り組んでいるのがわかりましたよ。

徹底した取り組み

ゴミの発生の抑制やリサイクルの推進
環境負荷の少ない廃棄物処理など行っているそうです。
リサイクル率はなんと74%、生ゴミに関しては
ほぼ100%近いそうです。

他にも、原水のうち60%の水資源はリサイクルしているそうですよ!
遊園地で使用された水は
自社の水処理施設に集めて浄化しているそうです。
トイレの洗浄水などに利用されているんですね。

また、アトラクションで使われる大量の水も
ろ過装置が使われているので
ほとんど補充もないそうです。

隅々まで、本当によく考えられています。

子ども達の憧れの場所だからこそ
安心、安全に、楽しく遊べる環境つくりを目指しているんですね。

話は戻りますが
化学物質過敏症は、1度発症してしまうと
出歩いたりするのがとてもつらくなります。
だから本人だけではなく、企業などが率先して
こういう取り組みをしてくれることは、とてもすばらしいですよね。

その他の役に立つ雑学はこちら!