日焼け止めは、ノンケミカルのタイプを使用していますか??

敏感肌や、子供用の日焼け止めに 「ノンケミカル」と記載されているのをよく見ますよね。 ケミカルは、主に化学物質のことで 日焼け止めで言うと「紫外線吸収剤」がそれにあたります。

「紫外線吸収剤」は、お肌にはあまりよくないイメージがありますよね。 他にも、日焼け止めの中に入っているもので 肌に負担がかかる成分は パラベンやアルコール、香料、着色料、 石油系界面活性剤など色々あるんですよ。

パラベンは防腐剤なので 化粧水やクリームなど、わりと身近に使用されている物質ですが アルコールなどは刺激も強いですし 香料、着色料も極力避けたい物質です。

だから日焼け止めを選ぶときは ノンケミカルだけでなく、他の成分もよく見てみて 出来るだけ低刺激なものを選びましょう!!

また、日焼け止めの基本ですが 汗をかいたり衣服でこすれたりして 日焼け止めは取れてきてしまうので 2時間に1度くらいは塗りなおさないと 効果が薄れてしまいます。 こまめに塗り直すようにしましょう。

白くなるのが嫌で、かなり薄くのばす人もいますが あまりのばしすぎると効果がでません。 日焼け止めは、適量をこまめに、が基本なんです。

お肌に直接当たるものだから 出来れば優しいものをえらんであげましょう。 日焼けのダメージだけでなく 日焼け止めでお肌に負担をかけてしまっては 元もこもありませんもんね。

その他の役に立つ雑学はこちら!