モハメッドアリ2月25日カシアス・クレイ(現モハメッド・アリ)が
1964年の2月25日、世界ヘビー級チャンピオンになりました。

”蝶のように舞い蜂のように刺す”と言われるように
「蝶」のように華麗なフットワークと
「蜂」のような鋭いジャブで
重いパンチの殴り合いのイメージが強かった
ヘビー級ボクシングに新しい旋風を巻き起こしました。

蝶のように舞い蜂のように刺す

蝶のように舞い蜂のように刺す
有名なこのフレーズは、モハメッド・アリのトレーナー
ドゥルー・バンディーニ・ブラウンが
考えたもののようです。

1964年の2月25日マイアミで行われた
「世界ヘビー級タイトルマッチ」で
モハメッド・アリはソニー・リストンをTKOで倒しました。
”蝶のように舞い蜂のように刺す”は
このときの試合のことなんだそうです。

アリ・プロフィール

生年月日 1942年1月17日

身長   190cm

リーチ  203cm

引退後の闘病生活

モハメッド・アリは、引退後パーキンソン病を患い
闘病生活を送っています。

パーキンソン病は、日本では「特定疾患治療研究事業」に
認定されている病で
手足が震えたり、筋肉がこわばるといったような
症状がでる病気です。

パーキンソン病が発症したのは、現役時代に受けた
頭部への打撃が原因ともいわれていますが
はっきりとはしていません。

1964年の今日、モハメッド・アリが
世界ヘビー級チャンピオンになった日です。

”蝶のように舞い蜂のように刺す”
新たにそんなボクサーがでてくるのが
楽しみですね。

「iPod」「iPhone」を生んだ天才・2月24日はスティーブ・ジョブズの誕生日です。

 

【追記】モハメッド・アリは、2016年6月3日に74歳で死去しました。

「死因は敗血症ショック」現役時代に受けた頭部へのダメージが原因といわれています。

 

その他の役に立つ雑学はこちら!