乗り物酔いの原因は、三半規管の強さが関係しています。

内耳にある三半規管で平衡感覚のバランスをとっているんですが 乗り物に乗ったときに、景色などを見た視覚から入る情報と 平衡感覚がずれを起こすことで吐き気をもよおしたり 頭が痛くなったりします。 これが「乗り物酔い」の状態です。

乗り物に乗ることで、自分の位置、方向などを 脳が正しく認識できずに不安な状態になると 自律神経が乱れてしまいます。 自律神経が乱れると冷や汗がでてきたり 胃に不快感などの症状が表れたりします。 乗り物酔いしやすいといわれる人は、 この三半規管が未熟か、弱いといわれていますが 平行感覚は、訓練である程度鍛えることもできるんですよ。

その鍛え方は、強制的に「乗り物に乗ること」です。 ツライ方法かも知れませんが 揺れに体をなれさせることが乗り物酔い克服の1番の近道です。 まずは公園にあるブランコや、回る遊具からでもかまわないので 繰り返して乗ってみましょう。

あとは、乗り物に乗ったら なるべく外の景色を見ながら 揺れにあわせてゆったりと座りましょう。 リラックスすることはとても大事です。 また、目を閉じて寝てしまうという手もあります。 前日たっぷり睡眠をとっておくことや お腹がすいた状態で乗らないこと、 不安になってきたら少し窓を開けて 外の空気を取り入れることなどに気をつけましょう。

他にも、下を向いてゲームをしたり本を読んだりしない お酒を飲まない、など具合が悪くなりそうな行動は ひかえましょう。

その他の役に立つ雑学はこちら!