浅田真央,GPファイナル,最下位,体調不良12月12日に、スペインのバルセロナでフィギュアスケートのGPファイナルの最終日が行われました。
期待されていた浅田真央でしたが、なんとGPファイナル最下位という結果に終わりました。
浅田真央は、体調不良により、エキシビションを欠場し、日本に帰国しました。

 

体調不良の原因は胃腸炎

SPで3位だった浅田真央でしたが、フリーでは6位となり、合計194・32点で、なんと最下位の6位という結果に終わった。
日本スケート連盟によると浅田真央は、12日のフリーが行われた昼頃から体調が悪くなったという。
体調不良の原因は、胃腸炎とみられる。
13日のエキシビションを欠場し、帰国することに。

現役女子高生の宮原知子が快挙

調子が良くなかった浅田真央ですが、ファイナル初出場の宮原知子は現役女子高生で、17歳という若さでありながら、自己ベストを5点更新し、合計208・85点で、2位でした。
優勝したのは、合計222・54点だった、ロシアのメドベージェワでした。

7人制ラグビーの美しすぎる美女軍団サクラセブンズが話題に!

GPファイナル結果

優勝
メドベージェワ(ロシア) 222・54点

2位
宮原知子(関大高) 208・85点

3位
ラジオノワ(ロシア) 201・13点

4位
ワグナー(米国) 199・81点

5位
ゴールド(米国) 194・79点

6位
浅田真央(中京大) 194・32点

その他の役に立つ雑学はこちら!