やけどをしてしまった場合の処置、 みなさんはあわてないでできますか??

やけどは、日常生活の中でも 身近に起こりやすい事故の1つですよね。 熱い飲み物をうっかりこぼしてしまったり アイロンにさわってしまったり 暖房機や揚げ物の油など、私達の身の回りには やけどの原因となるものがあふれています。

普通のキズと違い、 やけどの跡は深く残ってしまうので 大きなやけどの場合だと精神的にもダメージを 受けてしまいます。 もしものことが起きてしまった場合は 早めの処置をすることが重要です。

まず、やけどの基本は、 できるだけ急いで冷やすことが大事です。 軽いやけどなら流水で10分以上冷やし、 それから病院に行きましょう。 服の上からお湯などを浴びてしまった場合は 無理に脱がせるようなことはせず、 洋服の上から水道水で冷やしましょう。

病院へ行ったら外用薬、内服薬の両方で 痛みや感染症を抑える治療をしてくれます。 また、今皮膚科では「湿潤療法」を取り入れている ところが多いようですね。

「湿潤療法」は、かさぶたを作らせずに やけどした部分を清潔にして 肌を乾燥させないように保ち 体本来がもっている再生力を生かした治療法です。 やけどの跡が目立たず、きれいに治るので 画期的な治療法といえますね。

話は戻りますが やけどした場合は、時間との戦い! まず一刻も早く冷やすこと、そして病院へ行くことが 大事ですよ!! あわてずに水道で冷やすことを 覚えておいて下さいね!!

その他の役に立つ雑学はこちら!


    やけど治療

    やけどは、できるだけ早く治療しなくてはいけません。そのときは我慢できると思っても 時間が経つにつれて悪化してしまう場合が…


    火傷・薬

    やけどをしたときに、あなたは薬を塗りますか??小さなやけどなら、まず水道水で冷やして 市販の軟膏や消毒薬を…と考える人が…


    bandeid

    キズパワーパッドは、やけどにも使えること 知っていますか? 今、皮膚科などではやけどの治療に 「湿潤療法」が用いられてい…


    やけど・痛み

    やけどの痛みは、ヒリヒリして とてもツライですよね。 痛みを防ぐためには、どうしたらいいのでしょうか。まず、どんな場合で…


    カイロ・やけど

    低温やけどは、数あるやけどの中でも意外と多いのです。低温やけどは体温より少し高い状態のものに 長い時間触れ続けることで起…