やけどの跡の治療には、レーザー治療が効果的です。

やけどの跡のダメージを受けた皮膚をレーザーで取り除きながら どんどん傷跡をわからなくしていきます。

なかなか1回のレーザー治療の施術ではキレイに治すのは 難しいですが、回数を重ねるたびに薄くなっていくのを 実感できます。 手術だとどうしても改善できない場合もあるので 画期的な方法ともいえます。

また、治りかけのやけどのあとには、紫外線を当ててはいけません。 紫外線によって跡が濃くなってしまうことがあるので しっかり治るまで、患部を保護しましょう。

最近では、やけどの原因も様々です。 たとえば、多くの家庭で利用されている ウォーターサーバーですが 蛇口をひねるだけで冷たい水と熱いお湯がでるので 大人気ですよね。 しかし、お湯を出すほうの蛇口が取れて やけどを起こすと言う事故も起きているそうで 新しい家電などは、思いもよらない事故が 潜んでいるかもしれないので気をつけなければいけません。

オーブンでクッキーを焼いていて、 そのやけ具合を確認しようと覗き込んで 鼻をやけどした、なんて おっちょこちょいなエピソードは笑えますが、 深いやけどをおってしまった場合は 心にも大きなダメージを負ってしまいます。

家庭でのやけどは主にキッチンでの お湯、油、鍋などが原因となることが多いですが 他にも暖房機やアイロン、たばこなどにも 十分注意しなくてはいけません。 そして万が一、やけどした場合の対処を 常に頭においておくと いざと言うときに落ち着いて行動できます。 まずは冷やす、そして病院へ!!

その他の役に立つ雑学はこちら!


    やけど・痛み

    やけどの痛みは、ヒリヒリして とてもツライですよね。 痛みを防ぐためには、どうしたらいいのでしょうか。まず、どんな場合で…


    やけど治療

    やけどは、できるだけ早く治療しなくてはいけません。そのときは我慢できると思っても 時間が経つにつれて悪化してしまう場合が…


    カイロ・やけど

    低温やけどは、数あるやけどの中でも意外と多いのです。低温やけどは体温より少し高い状態のものに 長い時間触れ続けることで起…


    火傷・薬

    やけどをしたときに、あなたは薬を塗りますか??小さなやけどなら、まず水道水で冷やして 市販の軟膏や消毒薬を…と考える人が…


    やけど・処置

    やけどをしてしまった場合の処置、 みなさんはあわてないでできますか??やけどは、日常生活の中でも 身近に起こりやすい事故…