水虫,インキンタムシ,股部白癬水虫の種類であるインキンタムシというのは、股のまわりに白癬菌が感染することでなってしまいます。
水虫の種類のインキンタムシは、20~30代の男性に多く見られるようですが、女性でも感染してしまうこともあるので、注意しましょう。

 

インキンタムシの症状

インキンタムシになるとどうなるかというと、股のまわりに粘液が入った小さな水疱や丘疹ができます。
形は円形だったり楕円形だったりさまざまです。
小さな水疱や丘疹がしだいに盛り上がってきて、フケのようなものが剥がれ落ちてきます。
皮膚が薄い部分に感染するインキンタムシなので治りやすいのですが、常に下着をつけている場所なので蒸れやすく再発しやすいのが難点です。

え!?頭の水虫があるらしい!シラクモ(頭部白癬)を治そう!

感染しやすい時期

感染しやすい時期は、湿度が高く蒸れやすい夏が多いようですよ。
また、感染しやすい場所は、公衆浴場やプールです。
水虫に感染した人が使ったバスマットや椅子などに白癬菌が付着し、そこが感染源となってしまうようです。

家族間での感染リスク

白癬菌は“ケラチン”というタンパク質を餌にします。
もし家族の中に水虫に感染した人がいれば、もちろん感染リスクは高まります。
インキンタムシの感染者本人が水虫ならば、そこには白癬菌があるので、何度も感染してしまうこともありますよ。
なので、しっかりと治す!!ということが大事です。
また自分がインキンタムシと思って市販の薬を塗っていても、なかなか治らない時は、違う皮膚炎の場合もあります。
場所が場所だけに、病院に行くことがちょっと恥ずかしいかもしれませんが…。
おかしいな?治らないし悪化してる…!?
という時には、病院での診察をすることをおすすめします。

その他の役に立つ雑学はこちら!