インフルエンザ,流行,予防方法今年のインフルエンザは暖冬の影響により、例年よりインフルエンザの流行が遅くなってきているようです。
けれど、年をあけてからは、インフルエンザの感染者数が急に増えているようです。
インフルエンザはどうしてうつるの?
気になる予防方法などを知って、少しでも感染リスクを下げましょう。

インフルエンザの感染経路

インフルエンザは、どのようにうつってしまうのでしょうか。
それは、飛まつ感染と接触感染によってうつります。

◎飛まつ感染

感染者が咳やくしゃみをすると、ウイルスが拡散します。
そのウイルスを吸い込むことで感染します。

◎接触感染

感染者が咳やくしゃみをするときに、口を手で覆ったときに、手にウイルスが付着します。
手を洗わないままウイルスが付着した手でドアなどを触ると、その部分にウイルスが付着してしまいす。
ウイルスが付着した部分に触れて、その手で口や目や鼻に触れることで感染します。

米大陸で爆発的に拡大中の「ジカ熱」!妊婦が感染すると胎児に影響も

インフルエンザの予防方法

  
インフルエンザの予防方法として有効なのは、やはりうがい手洗いです。
インフルエンザの感染経路は、飛まつ感染と接触感染によるものですから、うがい手洗いはしっかりしましょう。
インフルエンザが流行っている時には、できるだけ人ごみは避け、外出時には必ずマスク(不織布製)をしましょう。
また、空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下してしまい、感染のリスクが高まってしまうので、室内であれば、50%~60%の湿度にしましょう。
寝不足や偏った食事は、免疫力が下がってしまうので、バランスのよい食事と、休息はきちんととりましょう。

その他の役に立つ雑学はこちら!