INAC神戸,澤穂希,引退発表INAC神戸レオネッサに所属する澤穂希(37)が、今季限りで現役を引退することを、16日に発表した。
澤穂希は本日17日の午後に、東京都内で記者会見を開く。
女子サッカー界を長年にわたって引っ張ってきた澤穂希の突然の引退発表に、引退を惜しむ声が多い。

女子サッカー界のパイオニア

澤穂希は、女子サッカー界を長年にわたって引っ張ってきた、まさに女子サッカー界のパイオニアといえる人物。
15歳で代表デビューした澤穂希は、常に注目の選手だった。
2011年に開催された女子W杯ドイツ大会では、「なでしこジャパン」の主将を務めた澤穂希は、得点王と最優秀選手にも選ばれ、チームを初優勝へと導いた。
2012年には、FIFAの女子最優秀選手にアジア勢で初めて選ばれるという快挙を成し遂げた。
1995年からワールドカップに6大会連続で出場というギネス記録を持っている。
また、オリンピックには4大会に出場している。

引退後も女子サッカーに携わる意向

澤穂希は、引退後も女子サッカーの普及に携わるとコメントしているようです。
澤穂希が所属するINAC神戸レオネッサの文弘宣会長は、以前より日本サッカー協会から独立した女子協会の設立を訴えているようで、設立した時には澤穂希が初代会長になってほしいと熱望しているようだ。

7人制ラグビーの美しすぎる美女軍団サクラセブンズが話題に!

澤穂希のプロフィール

名前
澤穂希(さわほまれ)

生年月日
1978年9月6日(37歳)

身長
164cm

体重
55kg

所属チーム
INAC神戸レオネッサ

ポジション
ミッドフィールダー

受賞歴
FIFA最優秀選手賞

その他の役に立つ雑学はこちら!