しゃっくりが止まらない病気って聞いたことありますか?

以前、2年間以上しゃっくりが出続けていることを 悩んでいる男性がイギリスに住んでいて 日本のテレビ番組でとりあげられたことがありました。 その男性を精密検査してみると、 しゃっくりの原因はなんと脳腫瘍でした。 これをきっかけに脳腫瘍を摘出した結果、 見事しゃっくりが止まったそうです。

このように、腫瘍などで神経が刺激されると しゃっくりがでる場合があります。 また、脳の血管や脳自体に異常が起きた場合 神経に影響を及ぼしてしまいしゃっくりが止まらなくなることがあります。 他に、腫瘍が胃などに出来て 直接横隔膜を刺激してしゃっくりが出る場合もあります。 しゃっくりが長く続く場合は、とりあえず内科を受診して 原因を突き止めましょう。

また、お酒の席でよく、しゃっくりをしている人がいますが これは、肝臓に異常が起きている状態なので 気をつけなければいけません。 肝臓が、すでにアルコールを分解しきれなくなって 腫れているのかもしれませんよ。

その腫れた肝臓が横隔膜を刺激して しゃっくりの原因になっているとしたらかなり深刻です。 脂肪肝や、アルコール性肝炎、さらにひどい場合は 肝硬変になる可能性が高くなります。 たかがしゃっくりと思いがちですが 怖い病気が隠れていることもあるので ちょっと気になるときは早めにお医者さんを受診しましょう。

その他の役に立つ雑学はこちら!