ドームハウス,セルフビルドドームハウスセルフビルドに憧れる人も多いのでは♪
ドームハウスセルフビルドをするのなら、どういうものなのかというお勉強をしましょう。
やはり知識は大事ですからね。
本を読むのもよし、ネットで調べるのもよしです。

 

どこまで自分で携わるか

ドームハウスセルフビルドキットを購入したからといって、建てることは容易ではありませんが、自分が携わった分だけ、建築費用は抑えることはできます。
ただ、その分建てるのに時間はかかるでしょうから、業者さんに建ててもらうか、自分で建てるかはその人それぞれのようですね。

ドームハウスの特徴

ドームハウスというのは、まず見た目が独特であります。
オシャレで、一般的な四角い家とは違うという優越感にもひたれます(笑)
この形と大きな空間ですが、個人的に好きです♪
ドームハウスという名の通り、半球状の建物です。
中は大きな空間が広がり、最小限の材料で作ることができるのが特徴です。
連結することで、広い空間の部屋がいくつか作ることも可能になります。

ログハウスセルフビルドという選択。費用はどのくらい!?

一般的な家との違い

一般的な四角い家と比べると、建設後の冷暖房費が少なくて済みます。
それは、ドームの表面積が少ないことにより、断熱材、構造材が少なくて済みますし、熱が逃げる壁面積が少ないからです。
また、各部屋を遮断する壁などが無い為、一台の冷暖房機だけで効率良く空気が流れるのも理由のひとつです。

ドームハウスに住む

別荘、店舗として建てることが多そうですが、住居用として建てている人もけっこう多いようですよ。
半球状の建物で目立つので、お家を説明するのが簡単というメリットもあるようですよ♪
大きな空間がウリなので、子沢山な家族よりも、お子さんが1人とか、子供たちが巣立った後の第二の家に向いているのではないでしょうか。

その他の役に立つ雑学はこちら!