犬,無駄吠え,しつけ無駄吠えは、飼い主にとってストレスですし、嫌なものです。
けれど、無駄吠えの原因は…飼い主のしつけにあるかもしれませんよ。
飼い主がいない間のお留守番中に吠え続け、ご近所トラブルに!
ということもよくあるようです。
犬の無駄吠えは、原因をつきとめて、きちんとしつけをすることで治ります。

犬の無駄吠えは飼い主の責任

飼い主の間違ったしつけや行動が、犬の無駄吠えを助長していることが多いようです。
間違ったしつけをしていると、いつまでたっても犬の無駄吠えは治りません。
無駄吠えがどんどんエスカレートしていくこともあるので、それだけは避けたいものです。

犬が吠えるのは何かを伝えたいから

まず、基本的に犬は吠えるということがあたりまえなのです。
私たちが言葉で意思を伝えるように、犬は吠えて意思を伝えているのです。
けれど、しょっちゅうワンワン吠えているようでは、一緒に暮らしていくのは困難ですよね。
ですから、一緒に生きていくパートナーとして、いいものはイイ、悪いものはダメということをしっかり教えてあげるのが、飼い主の責任なんですよ。

犬のしつけでやってはいけないこと

ワンワン吠えたからといって、何でも頭ごなしに大きな声でダメ!!ダメ!!なんて言っているようではいけません。
そんなことを繰り返していたら、犬にとってストレスです。
もちろん飼い主にもストレスですよね。
大切なのは、“なぜ吠えたのか”。
その原因をしっかり把握しなければいけません。
無駄吠えをする犬を止めさせなければいけないのですが、吠える原因を取り除くことも重要なのです。

その他の役に立つ雑学はこちら!