老犬,無駄吠え,原因,痴呆老犬無駄吠え原因はいくつか考えられます。
その中で、老犬無駄吠え原因として考えられるのは、【痴呆】による無駄吠えです。
人間と同じく犬も【痴呆】になることがあることを知っておきましょう。

 

老犬期の時期を知ろう

痴呆による無駄吠えだとわかならいまま何もしないで時を過ごすのは、飼い主さんもとても疲れてしまいます。
犬の寿命は、10~15年といわれています。
ですから、だいたい6~7年くらいからが、老犬期に突入するのです。

小型・中型・大型の犬の老化のスピード

犬の大きさによっても老化のスピードは違います。
小型・中型の犬の場合、最初は老化のスピードが早いですが、後半は緩やかになっていきます。
大型の犬は、その逆で、最初は老化のスピードが遅く、後半は早くなっていきます。

犬の無駄吠えについて。まずは原因を知ろう!しつけのアドバイス

【痴呆】かな?と思ったら

昔と違って犬の食事情がよくなったこともあり、寿命は長くなってきたようですが、その分【痴呆】という問題もでてきます。

【痴呆】かな?と思うチェックリストの中には、おもらしをする、徘徊する、食欲がなくなる、などありますが、上位には無駄吠え、もしくは夜鳴きという項目がでてきます。
老犬はなぜ無駄吠えをしてしいまうのでしょうか。
その原因で、寂しいからということもあります。
できるだけ傍にいてあげて、安心させてあげてくださいね。
ずっと一緒にいてあげることがなかなかできないこともありますね。
そんな時は、動物病院で診てもらって、精神が安定するように薬を処方してもらうという方法もありますよ。
肝臓に負担がかからないように、できるだけ副作用の少ないタイプを選びたいですね。

その他の役に立つ雑学はこちら!