犬 無駄吠え しつけ無駄吠えは飼い主のしつけで治るのを知っていますか?
無駄吠えは、根気良くしつけすることで治ります。
犬の無駄吠えに対するしつけは、2ヶ月くらいかけてじっくり行いましょう。
けっしてあせりは禁物ですよ。

 

犬の無駄吠えでやってはいけないこと

まず、犬が無駄吠えをしだしたら、第一に吠えることを止めさせなければいけません。
この時にやってしまいがちなのは、大きな声で「ダメ!!」と声をかけてしまうのはいけません。
ついついやってしまいがちですよね。
この間違った行為が、犬が無駄吠えをエスカレートしてしまう原因にもなってしまいます。
では、どうしたらいいのでしょうか。
それは、“犬が他に注意を向けるような音を出す”ということです。

犬が他に注意を向けるような音を出す方法

例えは犬が吠え出したら…
◎床や壁をどんどんと叩いて音を出す。
◎缶や瓶などをお箸のような棒でこんこんと叩く。
◎ジャラジャラキーホルダーなどが付いた鍵などを鳴らす。

 

とにかく、違う音を出して、気をそらすということが重要です。
違う音に対して、耳をぴくっとかたむけて吠えるのを止めたら、とりあえずは成功です。
吠えるのを止めたからといって、すぐに褒めるのは、ちょっとまった!!
すぐに褒めてしまうと、犬は吠えたから褒められたんだと勘違いしてしまうことも。
そうならない為にも、少しだけ時間をおいてから褒めてあげてくださいね。
この行為を、とにかく続けます。
かなり忍耐がいることですが、お互いにいい関係で暮らしていくために、頑張りましょう。

その他の役に立つ雑学はこちら!