カーリング女子,世界選手権,スイスカーリング女子世界選手権の決勝が、3月27日にカナダ・スウィフトカレントで行われました。
勝ち進んだ日本代表のLS北見は、決勝でスイスと対戦しました。
日本代表のLS北見は、惜しくも6―9でスイスに敗れ、初の金メダルを逃しました。

優勝のスイスは世界選手権を3回も優勝の強豪国

決勝戦で対戦相手となったスイスは、ここ4年で世界選手権を3回も優勝をしているカーリングの強豪国です。
日本代表女子のLS北見は、今回の大会が初の世界選手権となります。
しかも今大会の予選グループとプレーオフ1位2位戦でスイスと戦い共に敗れていました。

第6エンドで3―2と逆転し、初のリードを奪った日本でしたが、第7エンドで3―5とされスイスに逆転されたが、第8エンドで6―5と再び日本が逆転する。
しかし、第9エンドで6―7と再びスイスに再逆転され、第10エンドで日本は延長戦になるショットを決めれず、6―9で敗れました。

リオデジャネイロ五輪マラソン代表決まる!福士加代子ら

最高成績の日本代表

日本代表女子の、オリンピックを含めた世界大会での最高成績は、今まで4位でした。
今回の日本代表となったLS北見では、初の世界選手権にあたります。
金メダルがかかった決勝でしたが、惜しくもスイスに敗れ銀メダルとなりましたが、カーリング女子の日本代表としては、最高成績となりました。

 

その他の役に立つ雑学はこちら!