cold化学物質過敏症は、化粧品でも起こるって知っていましたか?

最近は、化粧品も
「落ちないように」
「滲まないように」
「崩れないように」と進化を続けていて
様々な成分が使われるようになってきました。

シリコーン系の合成ポリマーなどが配合されてから
発色やメイク持ち、使用感も抜群によくなってきましたが
その一方で、メイクが落ちなくなったので
メイク落としも洗浄力の強い、強力なものへと
どんどん変わってきています。

乾燥の原因

最近、乾燥肌の人がものすごく増えています。

その乾燥肌を治したくて
さらに添加物の多い化粧水などを使う悪循環になっているんですね。

化粧をして肌がぴりぴり痛んだことがある人は、
まだ軽度かも知れませんが化学物質過敏症の恐れがあります。

肌に異常を感じた場合は、すぐに使用するのをやめましょう。

化粧水以外でも

化学物質過敏症が本格的に発症してしまうと、
今の化粧品はすべて使えなくなってしまいますし
他の症状が次々に発症してしまいます。

もちろん顔につける化粧品だけではありません。
マニキュアやヘアスプレーもそうですし
香りの強いシャンプーやトリートメント、
柔軟剤や香水などもその原因になってしまう場合があります。

化学物質に敏感な人や、感受性の強い人は
なるべく天然素材の、体に負担の少ないものを探して使用するようにし
普段から気をつけることが大切です。

メイクは、女性は毎日のことなので
保存料などの少ない、良いものを選ぶようにしましょう。

化学物質過敏症「シックハウス症候群」になってしまう原因は

その他の役に立つ雑学はこちら!