コンビーフの日台形の缶詰といえばコンビーフ独特の形ですよね。

1875年の4月6日、この台形の缶詰の特許登録がされました。
これを記念して4月6日を「コンビーフの日」と制定したそうです。

コンビーフとは

コンビーフ」は、「塩漬けした牛肉」のことです。
コンビーフは英語だと「CORNED BEEF」と書きます。

とうもろこし?牛肉…?と思いがちですが
CORNEDは「塩漬け」や「粗塩」という意味です。

塩漬けした牛肉を煮てほぐし、味付けしたものを
缶に詰めています。

缶詰を台形にしたのは、狭いほうを底にして肉を詰めていくので
詰めやすいことと、
食べるときには取り出しやすいことから
この形になったそうです。

コンビーフとスパム

「コンビーフ」と「スパム」は何が違うんでしょうか。

【コンビーフ】

塩漬けにした牛肉から水分を抜き、
煮て缶詰にしたもの。

※「ニューコンビーフ」「ニューコンミート」と呼ばれるものは
牛肉と馬肉を使用したものです。

【スパム】

スパムは豚肉の缶詰です。
缶に詰めてから加熱調理しています。

 

 

手軽に食べられて、スタミナもバッチリの「コンビーフ」。
色々な調理方法があるので、食べたことがない人も
是非食べてみませんか??

「宮内省御用達」木村屋のあんぱんが食べた~い♪4月4日は「あんぱんの日」

その他の役に立つ雑学はこちら!