水道水塩素除去に、クエン酸が効くという話をよくききますが 実際のところは、どうなんでしょう。

ネットで調べてみても、専門家の意見を聞いても 意見は真っ二つに割れているようです。 自分の判断に任せるしかないようですね。

塩素除去にクエン酸は効果がない、という人は 「クエン酸は還元力が低いので、大量投入しないと ほとんど効果がでない」といっています。

クエン酸を大量に入れてしまうと、水のPHも酸性に かたむいてしまうので、もし洗濯に使うのであれば 洗浄力にも影響があるかもしれません。

しかも、大量投入となると 実際、毎日使う水ですから経済的にも無理がありますよね。 良い方法としては、薬局にも売っている アスコルビン酸原末を使うという手があります。 アスコルビン酸原末は粉末状のビタミンで よく、塩素過敏症の人がお風呂に入れたりするので 知っている方も多いかもしれません。

アスコルビン酸原末は、ほんの少量でいいので 洗濯や浴槽など、水をたくさん使う場所にちょうどいいですよ。 また、炭(備長炭など)やかんきつ類の皮なども 効果的だという人もいます。

お風呂なら2番風呂に入るとか、 シャワーに塩素除去ヘッドをつけるなどの方法もあります。

浴槽なら、お湯を張ってから換気扇を回しているだけでも かなり塩素は抜けるといいますし 水道水から直接水が飲める国は日本だけ、 それは塩素のおかげでもあります。 どちらにせよ、ひどい過敏症でなければ あまり神経質になりすぎないようにいられるといいですね。

その他の役に立つ雑学はこちら!