アトピーの人には、水道水の塩素がよくないといわれていますが プールなどはどうなんでしょうね。

プールは、とてもたくさんの塩素の錠剤をいれているような イメージがありますが じつは過程の水道からでる水の塩素濃度と、さほど かわらないんです。

でも、人が入れ替わり入るたびに 塩素濃度が薄くなるので そのたびに塩素を追加する作業をします。 アトピーの人が、プールのあと状態が悪化する場合があるのは もしかしたら雑菌や、乾燥が原因なのかもしれませんね。

とはいっても、プールは公衆のものなので 頻繁に水を変えてくれとはいえません。 自分自身のケアをするしかないのです。 まずは、洗い流すことです。 プールからでたらすぐに、備え付けのシャワーがあると思います。

そこで帽子や、できれば水着も脱げるようならすべてぬいで、 体に付いたプールの水をキレイに洗い流しましょう。 昔は目も洗っていましたが 今はあまり推奨されていないようですね。

また、家に帰ったらなるべく早めにお風呂にはいって とにかく体を清潔に、また冷やさないようにすることも大事です。

蛇口から直接飲める日本の水道水は 世界一安全であると言われている一方で、 塩素量が世界一多いともいわれています。 まだ、アトピーと水道水の塩素の因果関係は不明ですが 家庭のシャワーの塩素も不安なら 塩素除去シャワーなどに交換して使用するといいかもしれません。

どちらにせよ、アトピーの人は肌がデリケートなので 注意したほうがいいですね。

その他の役に立つ雑学はこちら!