最近は、塩素除去のために様々なものが発売されていますよね。 塩素除去シャワーや浄水器、ビタミンCの錠剤など 使う場所によって色々でていますが やっぱり気になるのは飲み水です。 飲み水の塩素を除去する方法をいくつかご紹介しますね。

沸とう

一番有名な方法ではありますが、沸とうさせると残留塩素は分解して揮散します。 このとき注意してほしいのが、発ガン性のあるトリハロメタンという物質が 沸とうするとマックスになるので、そのまま10分くらい沸かし続けて トリハロメタンを飛ばしてあげることが大事です。 電気ポットのカルキ抜き機能も、できれば2回連続で使用すると安心です。 「湯沸しの水はまずい」といわれますが、そのまま飲むのでなければ あまり気にならないと思います。

ビタミンC

レモンなどに含まれるビタミンCには還元作用があるので、 ちょっと絞るだけで塩素を除去することができます。 また、緑茶などに含まれるカテキンも同じ効果があるので お茶も手軽です。

日光

水道水には、日光を当てて塩素を取り除く方法もあります。 金魚などの水槽には、水道水をそのままいれずに 1日置いた水を使いますよね。 これは半日から1日おいて塩素を抜いているのです。

家庭の飲み水の場合は、ポットなどに汲んだ水を 冷蔵庫に入れておいて、次の日飲むようにするといいですよ。

活性炭

炭は、臭い消しなどにも使われる便利なグッズですよね。 活性炭の表面には目では、無数の小さな穴があります。 この隙間にいろいろなものを取り込む性質があるので 臭いだけでなく、残留塩素も取り込んでくれます。 わりと簡単に、塩素は取り除くことができるので 体のことを考えて、自分にあった方法でやってみましょう!!

その他の役に立つ雑学はこちら!