怖い塩素アレルギー最近では、様々なアレルギーが増えてきていますが 「塩素アレルギー」というのもあるそうですよ。

プールなど、全身が塩素に浸かることによって アレルギー症状が起きてしまう場合があるそうです。 かゆみを訴えたり、湿疹などがでているのを見つけたら 「塩素アレルギー」を疑ってみましょう。

塩素アレルギー

塩素アレルギーでは、鼻づまりや咳、湿疹など、 人によって症状は色々なようですが 重い症状がでる人もいるので気をつけたほうがいいですね。 プールなどに入ってから、何かの症状がでた場合 内科や、その症状によりますが耳鼻科、皮膚科などを受診しましょう。 その時、お医者さんにプールに入ったことを 必ず伝えてください。 あまりひどくなると動機や呼吸困難などの 症状がでることもあります。 おかしいなと感じたら、早めに病院へ行くことが大事です。

原因物質を避ける

アレルギーは、基本的に原因物質を避けるのが 1番の治療方法なので 塩素の入っているプールは避けることが基本になります。 また、アレルギーじゃなくても アトピーの人は、皮膚のたんぱく質が 塩素によって壊されてしまう場合があるので 注意してください。

最近だと、違う方法で水を殺菌しているプールも 増えてきているので、近くにないか探してみるといいですね。 何の症状もでない人でも、プールの後は 出来るだけ早めに体を洗うようにして 塩素を洗い流すことが大切ですよ。

その他の役に立つ雑学はこちら!