化学物質過敏症の原因物質化学物質過敏症原因物質は、意外と身近なものに
含まれているんですよ。

たとえば「ホルムアルデヒド」は、建材や家具など
接着剤に多く使われています。
刺激臭、目やのどの痛み、粘膜の炎症などを引き起こし
発ガン性もあるので人体に非常に危険です。

シックハウス症候群

化学物質過敏症の中でも、建材に使われる材料で起こる
シックハウス症候群は1番の問題になっています。

アセトアルデヒドも同じように
シックハウス症候群の原因ではないかといわれています。

トルエン、キシレンなどはシンナーが原料で
揮発しやすい成分です。
塗料、接着剤、農薬、香料、甘味料など様々な用途に使われるので
どこに使用されているかは、なかなか気づけません。

また、防蟻剤に使われる薬剤も化学物質過敏症に
影響しているようです。

主な原因物質

化学物質過敏症の、主な原因物質は次のようなものがあります。

●ホルムアルデヒド   (壁紙などの接着剤)
●アセトアルデヒド   (防カビ剤)
●エチルベンゼン    (内装材、接着剤、塗料)
●スチレン       (ポリスチレン樹脂)
●パラジクロロベンゼン (トイレ用防臭剤、衣料用防虫剤)
●トルエン       (接着剤、塗料)
●キシレン       (接着剤、塗料)
●テトラデカン     (塗料等の溶剤)
●クロルピリホス    (防蟻剤、農薬)
●フェノブカルブ    (防シロアリ剤)
●ダイアジノン     (殺虫剤)

全く影響のない人もいますが
過敏な人にとっては本当に危険なので注意が必要です。

その他の役に立つ雑学はこちら!