夏は体がだるくなったり、眠れないことがありますよね。 それは典型的な夏バテの症状です。

その主な原因は…

暑さによって汗をたくさんかき水分を多く摂り過ぎる

胃の機能が落ちて食欲不振となる

栄養不足になり体がだるくなる

または、暑いところと冷房の効いたところの温度差で 自律神経が乱れてしまうことなどがあげられます。

車の中や、お店の中はエアコンがキンキンに効いているのに 外はものすごい暑さだったりしますもんね。 自律神経が乱れると、寝る時間に興奮してしまって 目が冴えてしまったり 消化不良を起こして胃や腸の具合が悪くなったり 体に異常をきたしてしまいます。

自律神経を整える方法は ゆったりとぬるめのお風呂に浸かったり 寝る少し前から、薄暗い部屋でリラックスして 副交感神経を優位にさせたりするのが効果的です。 また、夜暑くて寝苦しい場合は 我慢しないでエアコンなどを利用しましょう。 エアコン 眠りに付くまでだけでも涼しくしておけば すっと眠りに入れますし 体の悪いから、とエアコンをつけずにいて 睡眠不足になってしまったら意味がありません。

他にも、体の熱を摂ってくれる夏野菜や夏のフルーツを 食事に取り入れたり 寝具を涼しいものにかえたり アイスノンのような氷枕を使うなど 寝やすいように色々な工夫をしてみるといいかもしれませんね。

睡眠がしっかりとれて、食事もきちんととれていれば 夏を上手く乗り切れると思いますよ! 熱中症にも気をつけて、夏バテ対策しましょう!!

その他の役に立つ雑学はこちら!