過剰摂取,カフェイン中毒死九州の20代の男性が、カフェイン過剰摂取による“カフェイン中毒死”で亡くなったことが、解剖の結果わかりました。
普段から私たちは眠気覚ましにと、気軽にカフェインを摂取します。
カフェインの致死量とはいったいどのくらいなのでしょうか。

カフェインを短期間に大量摂取

九州の20代の男性は、ガソリンスタンドで深夜から早朝まで勤務していたようで、眠気を覚ますために、カフェインを150mgが入ったエナジードリンクを常に飲んでいたようです。
この男性は、亡くなる1週間くらい前から吐くなどの体調不良を訴えていたようです。
意識を失った状態で見つかり、死亡が確認されたようです。
解剖の結果、カフェインの血中濃度が致死量に達していて、胃の中からもカフェインの錠剤が見つかったようです。
カフェインの常用による中毒死の報告は、国内初となります。

カフェインの摂取量とは

1日の許容量の目安

成人⇒400ミリグラム

4~6歳の子供⇒45ミリグラム

医薬品1日での上限⇒500ミリグラム

国内のエナジードリンク⇒~200ミリグラム

コーヒー⇒60ミリグラム

紅茶⇒30ミリグラム

経口摂取による致死量は3000ミリグラム程度と言われています。
(血中濃度から推定)
だからといって、この数字までなら大丈夫というわけではありません。

成人の目安として、『1日コーヒー3杯分』、
4~6歳の子供なら、『355ミリリットルのコーラ飲料1缶分』くらいが目安になるようですよ。
カフェインを多量に摂取すると、不整脈、不眠、胃腸障害、けいれんを起こすこともあるようです。
エナジードリンクは、甘くて飲みやすいのですが、カフェインが200ミリグラムくらいも入っているので、子供が飲んでしまうと、摂取量が多くなってしまいますので、気をつけてくださいね。

INAC神戸の澤穂希(37)今季限りで現役を引退発表

その他の役に立つ雑学はこちら!