やけどの痛みは、ヒリヒリして とてもツライですよね。 痛みを防ぐためには、どうしたらいいのでしょうか。

まず、どんな場合でも 必ず病院に行ってほしいのですが それまでの応急処置として、冷たい水で患部を冷やすのが 最初の痛みをとるベストな方法です。

たとえば自宅にいて、腕などにお湯や油がかかってしまった場合は 水道水がいいですよ。 足ならばシャワーのほうがいいかもしれません。

また、頭部や顔など 流水をかけるのが難しい場合は 保冷剤や濡らしたタオルを利用しましょう。 直接氷を当ててしまうと凍傷などの恐れがあるので きをつけましょう。

やけどにも段階があって、 やけどの度合いで分類されます。

第Ⅰ度のやけどは、表皮だけの比較的軽いやけどで 表面の皮膚がひりひりと痛みます。 第Ⅰ度のやけどは、お湯をこぼした、油がはねた、など 日常生活でよく起こりやすいやけどです。

第Ⅱ度のやけどは、真皮まで到達するやけどです。 水泡ができ、強い痛みを伴います。 跡も残りやすいので必ず病院へ行きましょう。 第Ⅱ度のやけどの場合は、水泡を やぶらないように気をつけながら 弱めの水道水をかけて冷やしましょう。

第Ⅲ度のやけどは、皮下脂肪まで到達するもので 神経や血管までダメージを受けた状態です。 迷わず救急車を呼ばなくてはいけません。 第Ⅲ度までくると、神経が損傷しているので 逆に痛みは感じません。 重症です。

その他の役に立つ雑学はこちら!


    カイロ・やけど

    低温やけどは、数あるやけどの中でも意外と多いのです。低温やけどは体温より少し高い状態のものに 長い時間触れ続けることで起…


    舌・やけど

    舌のやけどは、誰もが経験したことが あるのではないでしょうか。フーフーして、たこ焼きを口に入れたけれどし 噛んだときに、…


    やけど治療

    やけどは、できるだけ早く治療しなくてはいけません。そのときは我慢できると思っても 時間が経つにつれて悪化してしまう場合が…


    レーザー治療

    やけどの跡の治療には、レーザー治療が効果的です。やけどの跡のダメージを受けた皮膚をレーザーで取り除きながら どんどん傷跡…


    火傷・薬

    やけどをしたときに、あなたは薬を塗りますか??小さなやけどなら、まず水道水で冷やして 市販の軟膏や消毒薬を…と考える人が…