やけどをしたときに、あなたは薬を塗りますか??

小さなやけどなら、まず水道水で冷やして 市販の軟膏や消毒薬を…と考える人が多いかも知れませんが 素人の判断で市販の薬を使用すると かえって状態を悪化させてしまうことがあるので やめたほうがいいかもしれません。

特に、二度(真皮まで到達した状態)三度(皮下脂肪まで到達した状態) の深いやけどを負った場合は注意が必要です。 やけどは、時間が経つにつれて症状が変化するので 患部をよく冷やしてから、一刻も早く病院へ 向かったほうがいいですよ。

市販の薬でも、もちろん治る状態のやけどはあります。 だから塗り薬は本当に小さなやけどの場合だけにしましょう。

やけどした時に、まずしなくてはいけないことは 一刻も早く患部を冷やすことです。 やけどした部分を流水で冷やすときに 「もういいかな」と思っても、きっとそれでは まだまだ時間が足りません。 これでもか、と言うくらい長めに 水道水で冷やし続けましょう。 目安としては、最低でも10分以上で 全身に熱湯を浴びてしまったようなやけどの場合は 湯船に水をはり丸ごと浸かりましょう。 なにしろ冷やすことが最初の処置で最も大切なんです。 冷やすか冷やさないかで、その後の 治りが全く変わってきます。

そして、もしも水泡が出来てしまった場合は やぶらないように気をつけてください。 水泡の中には、自然治癒に必要な成分が入っています。 やけどを丁寧にケアして、跡を残さずキレイに治しましょう。

その他の役に立つ雑学はこちら!