パンの日今日4月12日は「パンの日」。
パン食普及協会が、昭和58年に制定しました。

徳川幕府では、アヘン戦争が起こった時に、
保存や携帯に便利な「パン」を作らせたそうです。
お米は炊くのに時間もかかりますし
湯気が出て敵に見つかってしまう心配もあったので
「パン」は備えとして最適だったようですね。

その2年後の4月12日、「兵糧パン」と言う名前で
本格的にパンの製造が始まったそうです。
それを記念してこの日を「パンの日」に制定したんですね。

パンの種類

パン」といってもたくさんの種類がありますよ。

あんぱん、カレーパン、フランスパン
エピ、クロワッサン、食パン
クリームパン、コロネ、ジャムパン、メロンパン…

あなたはどれが1番好きですか??

同じようにパンを作るときの粉も、様々な種類があります。
小麦粉やライ麦粉、とうもろこしの粉やタピオカの粉なども
材料として使われています。

特に米粉は、日本ではすでに定番になりつつありますね。

今日は「パンの日」。
美味しいパン屋さんに並んでみるのもいいかもしれません♪

台形の缶詰といえば…これ!!4月6日は「コンビーフの日」です。

その他の役に立つ雑学はこちら!