胃腸,原因,口臭口臭原因で考えられる1つに胃腸が悪くなっている場合があります。
口臭原因といえば口の中だけと思いがちですが、胃腸が原因になるという事も知っておくといいですよ。

 

ニオイがキツイ食事で呼気性口臭に

たとえ健康な人であっても、ニオイがキツイ餃子、キムチ、にんにく料理などの食事をすると、きっちり歯を磨いたとしても、次の日に口臭がしてしまいます。
それは、腸で発生するガスが、わずがではありますが血液に吸収され肺に送られます。そのガスが呼吸として口から排出され、口臭となります。

口臭の原因はさまざまだった!

ふだんからニオイのキツイものばかり食べていると、常に口臭がしてしまうのです。
食生活の乱れで胃腸が不調、慢性胃炎、胃下垂になると、消化不良を起こしてしまいます。
になってしまうと、悪玉菌が増えてもガスが発生してしまいます。
これを“呼気性口臭”というものです。
ふだんからニオイのキツイものばかり食べていると、常に口臭がしてしまいます。

逆流性食道炎が口臭をひきおこす

また最近よく耳にする逆流性食道炎という病気も口臭の原因になってしまいます。
逆流性食道炎というのは、胃液が食道に逆流してしまう病気です。
胃液が口まで上がってくることにより、 胃酸や胃の中身からのニオイが内容物が口臭となってしまうのです。
こうなってしまうと、病院での診察が必要です。
胃腸が原因の口臭の改善は、規則正しい生活、規則正しい食事をすることで改善されることが多いようです。
もちろんストレスや飲酒、タバコなどもよくありませんよ。

その他の役に立つ雑学はこちら!