囲碁プログラム,AlphaGo,棋士,李世ドル,九段Google DeepMindが開発した、囲碁プログラムの「AlphaGo」が、世界トップ棋士李世ドル(イ・セドル)九段と対局して、勝利しました!
この対局は、動画サイトのYouTubeで生中継され、約10万人がこの歴史的瞬間を目撃しました!

 

人工知能技術を駆使した「AlphaGo」

今回世界トップ棋士に勝利した囲碁プログラムの「AlphaGo」というのは、人工知能技術の「ディープラーニング」を囲碁に応用し、強化されたソフトです。
科学雑誌の「Nature」が、今年の1月に「AlphaGo」がプロに初勝利したという記事を載せ、今回の対局が設けられました。
李世ドル九段は、漫画「ヒカルの碁」に登場する高永夏戦のモデルといわれています。
現在、世界第4位の李世ドル九段。
初戦は「AlphaGo」に負けてしまいましたが、対局は全5局マッチですから、まだまだわかりませんね。
今後の対局日程は、10日、12日、13日、15日に行われます。

李世ドル・プロフィール

李世ドル(イ・セドル)

生年月日
1983年3月2日(33歳)

国籍
韓国

所属
韓国棋院

父親から碁を習い、6歳頃から棋譜並べをしていた。
1995年にプロ入りをする。
従来に囚われない独創的で、戦闘性の強い棋風から「囲碁界の魔王」と呼ばれている。
段位は九段。

その他の役に立つ雑学はこちら!