1月5日囲碁「1・5」⇒「い・ご」の語呂合わせで
今日、1月5日は「囲碁の日」です。

日本棋院が、囲碁の発展と振興を願うために
1月5日を「囲碁の日」と定めて、毎年「打ち初め式」を行います。

囲碁とは

囲碁は、1対1で行います。
19×19の格子が描かれた碁盤の上に石を置いていき
自分の石を置いた領域の広さを競うゲームです。

囲碁が由来の慣用表現

囲碁の歴史は古いので
私たちが日常使っている慣用表現で
囲碁が由来のものがたくさんあるのを知っていましたか?

●駄目(だめ)

自分の地にも相手の地にもならない目のことから
役に立たないもののことをいうように。

●駄目押し(だめおし)

最後に計算しやすいように駄目に石を置いて埋めることから
念を入れて確かめることをいうように。

●布石(ふせき)

戦いが始まるまでに行う石の配置を布石と呼ぶことから
あらかじめ用意しておくことをいうように。

●八百長(やおちょう)

江戸時代に八百屋の長兵衛「八百長」が
相手に勝てる腕前があるのに相手に勝たせるように
細工したことから、イカサマすることをいうように。

他にも・・・

●定石(じょうせき)
●捨て石(すていし)
●死活問題(しかつもんだい)
●一目置く(いちもく おく)
●下手を打つ(へたをうつ)など

今まで知らずに使っていた言葉も
実は囲碁からきていたんですね!

人気漫画「ヒカルの碁」なども
読んでみると面白いですよ!
囲碁は地味なイメージもあるかも知れませんが
打ってみるとなかなかはまります!

「囲碁の日」の今日、改めて
囲碁を見直してみませんか??

12月25日は「スケートの日」。フィギュアスケート全日本選手権も今日から開幕!

その他の役に立つ雑学はこちら!