エアロハウス,セルフビルドエアロハウスは、ログハウスよりセルフビルドしやすいと人気があるようですね。
元々、エアロハウスというのは、セルフビルドすることを想定して考えられたようですよ。
エアロハウスについて、説明します。

 

開放感のあるエアロハウス

エアロハウスというのはどういう家かというと、柱が無いボックス構造です。
シンプルな構造なので、頑丈です。
大きな箱というイメージです。
とても開放感のある空間が広がるので、大きな空間がほしい人には、まさにぴったりな家でしょう。
また、短い工期で建てれるという利点があります。
ユニットでの増設や移設が可能なので、いくつか組み合わせたりと出来るので、自由度が高いのも魅力の1つですね。
エアロハウス自体は頑丈でいい材料を使っているので、一般的な木造建築よりも、耐年数は長いといえます。
開放感のある空間があるにもかかわらず、強固な構造というのも安心ですね。
木同士を強固に固定することで、頑丈な木の構造物を作ります。
なので、耐震性が高い建物と言えます。
小さなお子様がいるのなら、天井からブランコやハンモックを吊り下げたりと、遊び心にも対応してくれますよ♪

セルフビルドしてみませんか?住宅を自分で建てるという選択

エアロハウスの経費が抑えられる理由

エアロハウスをセルフビルドしてもいいですし、半分だけ業者さんにお願いしてハーフビルドにしてもいいですね♪
もちろん業者さんに全てお任せしてもいいですね。
一般的な木造建築の工法と違って、エアロハウスの工法は合理的なので、その分工期も短くなり、経費は抑えられますよ。

その他の役に立つ雑学はこちら!