伊達巻5月24日今日5月24日は『伊達巻の日』です。

お正月に食べるイメージが強い『伊達巻』ですが
なぜ5月24日が『伊達巻の日』なのでしょう。
また、『伊達巻』の「伊達」って??

伊達政宗の命日

伊達巻』は、同じ「伊達」つながりということで
戦国武将として有名な、伊達政宗の命日の今日を
『伊達巻の日』に制定したそうです。
伊達政宗が愛した食べ物…とかではないようです。(笑)

「伊達」の意味

伊達巻の日』を制定したのは「千日総本社」という
卵焼きや、冷凍食品を製造している会社で
日本の伝統的な食文化を伝えていくためにこの日を作ったそうです。

もともと「伊達」には
華やか、粋、などの意味があるので
ただの卵焼きよりもワンランク上の料理と言う意味で
「伊達巻」と呼ばれるようになったのでしょうね。

また、着物を着るときの帯にも
「伊達巻」と呼ばれるものがありますね。
卵焼きをくるくると巻くのは、その帯から
連想したのかも知れません。

家庭でも作れます

伊達巻」を、家庭でも簡単に作る事ができるのを知っていますか?

材料は卵、はんぺん、みりん、酒などです。
まず、はんぺんをすりつぶすか
フードプロセッサーでどろどろにして、他の材料をいれ
滑らかになるまで泡だて器で混ぜます。

それを卵焼き用のフライパンに敷き、焼きます。
最後にまきすにラップを敷いて、
海苔巻きの要領で巻いて冷ませば、できあがりです。

簡単なので、ぜひ作ってみては♪

13歳以上は立ち入り禁止!大人が入れない『未来製作所』は夢の国!!

その他の役に立つ雑学はこちら!