11月16日色11月16日は「い・い・い・ろ」で、「いい色」の日です。

「色」はとても身近なものですよね。
最近では、カラーセラピストの資格というものがあるほどで
カラーセラピーといって、悩みのある人に
たくさん並んだサンプルの中から、気になる色を選んでもらい
その生理的、心理的効果を使って治療する色彩療法が人気です。

色にまつわることわざ

色にまつわることわざもたくさんあります。
 
●色の「白い」は七難隠す(いろのしろいはしちなんかくす)
●「青」は「藍」より出でて「藍」より「青し」
(あおはあいよりいでてあいよりあおし)
●「朱」に交われば「赤く」なる(しゅにまじわればあかくなる)
●「白」羽の矢が立つ(しらはのやがたつ)

あなたはどれだけ知っていますか?

色にまつわる言葉

色にまつわる言葉も、気づかないうちに
日常的に結構使っていますよ。

「目の色を変える」「声色を変える」などもよく使いますし
犯人のことを「あいつは黒」といったりもします。
他にも「赤字」「黒字」や
「赤の他人」「真っ赤なうそ」なども会話にでてきますよね。

色にまつわる話

色によって、生理的、心理的な効果があるという話が
最初に出ましたが
実際に、色の効果を利用したものがあります。

たとえば、お医者さんが手術のときに着る手術着ですが
テレビドラマなどで見ても
最近は青や緑色が増えているのに気づいていましたか?

目は、同じ色をずっと見続けたりすると
その色にたいしての反応が鈍くなるので
別の場所を見たときに反対色の影が見えてしまい
とても不快になります。

そこで、血液と反対の色の手術着を
最初から着ることによってそれを防いでいるわけです。

また、寝室は気持ちを静める青、
目覚まし時計は、興奮作用のある赤がいいとも
言われていますよ。

色の効果は調べていくとまだまだあって
とても面白いですよ!

 

他にも気になるリオデジャネイロオリンピックの話題はコチラから!

その他の役に立つ雑学はこちら!